So-net無料ブログ作成

ライブムービー、Strings of the night。

6月15日の佐藤竹善さんのPARS ORPHEUSにてゲストに『Emiko Bleu』さんと『藤田千章』さんが
出演した回を聴いて、4月下旬に新しいアルバム『Retro Active』をリリースしてから
プロモーションも兼ねて全国各地でテレビやラジオに出演したり、インストアライブも
開催したりと頑張っている姿は伺っているけれど、ラジオ番組のゲスト出演と言う形でも
Emikoさんが佐藤竹善さんと共演する機会に恵まれたと言う事、素直に嬉しかったです。
(藤田千章さんはプロデューサーとして一緒に活動、西村智彦さんは時折Emikoさんの
ライブでギターのサポートとして共演、今回のラジオ番組の出演で佐藤竹善さんとも
共演する機会が叶いましたね。)

番組の方でもRetro Activeからの楽曲もオンエアされたり、アルバムの事についての話も
聴くことが出来たけれど、3人揃ってお送りしてきたトークがまた…佐藤さんが藤田さんを
からかって怒られると言う光景を聴いたあたり長年の付き合いだからこそ出来るもの…かな?

●Strings of the night(ライブムービー)



それはさておき、仕事休みだった17日の金曜日。
角川シネマ新宿と言う映画館に訪れてSing Like Talkingのライブムービーを観てきました。

昨年10月に世田谷の人見記念講堂にて行われたsing like strings。
そのコンサートの模様を出演した人達のインタビューも含めて映画と言う形で公開。

この映画自体は4月あたりにファンクラブ会員向けに公開した事のある映画でしたが
今回は一般向けにも公開が決まり、舞台挨拶有りの一度限りの上映を全国各地の映画館で、
そして一般公開の上映を一週間限定と言う形で映画館で公開されていました。

仕事帰りだと駆け付けられなかった故に仕事休みを利用して観に行くことを決めた結果、
最終日に観に行く事になってしまいましたが。

ライブムービーと言う形ではあるけれど、あの楽曲のあの場面は参加したメンバーによる
やり取りやセッションがあったんだと思ったり、ストリングスメンバーのみのパートでは
ストリングス一人ひとりが奏でる音色が華やかに映ったり、塩谷哲さんと神原千恵子さんの
セッションも熱いものを感じたり、風が吹いた日の初回限定版に付いていたライブ音源には
収録されなかった楽曲もこの映画で幾つか聴くことが出来たり。

昨年の27/30のSing Like Stringsは行くことが出来なかった故に映画と言う形だけれども
観に行けて良かったです。

16日、Ustreamとニコ生と。

今週も色んな意味でバタバタと駆け巡った五連勤の仕事を終えて、ヘトヘトになりながらも
仕事帰りにグルーヴコースター3でのオンライン対戦イベントのマッチングに参加したり
それ以外の場面では殆ど真っ直ぐ帰っていた今週。

でも今日は少し寄り道をしてWi-Fi接続が可能で深夜帯でも営業をしているとある店舗へ。

Ustreamの動画やニコニコの生放送などを観たい時はポケットWi-Fiや4G回線とかではなく
SoftbankのWi-Fiなどを利用してます。
(プライバシーの観点から観覧履歴を全てリセットしてから。)

そう言えば色んな所で名前を聞くようになったAbemaTV。
あれもまた…無料で生放送を観れる媒体(若しくはアプリ)なのかな?

●大石由梨香さんのUstream番組。

『大石由梨香』さんのソロでUstream配信の番組に出演と言うのも珍しいかなと思いつつ、
Ustreamのアプリも久し振りに起動させて拝見しました。
(以前、玉城ちはるさんと一緒に番組をお届けする所は観たことありましたが。)

ゲストの方とのトークを繰り広げたり、番組後半にてグランドピアノの弾き語りによる
歌も披露するコーナーもありましたが、それも番組の視聴者から事前に言葉を募って
歌詞を作り、それを一つの歌にすると言う即興のコーナーでした。

この日の即興は卒業や故郷をテーマにしていて、思わず心打たれる歌詞のバラードに
番組を観ていながら涙しそうになってました。

…今回限りにするには勿体無い程に素晴らしい即興曲でした。
ライブでも披露する機会があるかな?

●あやニコ。

ヴァイオリニストの『石川綾子』さんのニコ生番組も視聴。

翌日の6月17日が石川綾子さんの誕生日と言う事もあり、番組内でもバースデーケーキが
用意されたりサプライズながら家族からの綾子さんへの手紙も読まれたり、その内容が
思わず涙なしには語れない内容だったと言う所も印象深かった放送でした。

しんみりもあり、でも笑いもあり、何時もながら緩やかなあやニコの生放送。
ヴァイオリンの生演奏も久し振りに観れたのも良かったです。

改めてお誕生日おめでとうございます。
この一年も実りのある日々でありますように。

11日、お台場へ。




こねこのチー。
愛らしいポップに目が止まってブースを観覧。

原作ものにして、この作品に携わっている人達がかつてセガで活動していた人達。
それから独立して今は自主作品を手掛けるようになり、今年10月に向けて3DCGアニメとして
テレビでのオンエアを予定しているとの事。
(作品名はチーズスウィートホーム?だったかな。)

更にブースには着ぐるみも来訪。
会場に訪れた人達からの記念写真も多く見受けられてました。





そんなこんなで6月の第2土曜日。
夏のボーナス前を控えて、如何にお金を使わずに一日を過ごすかと悩んでいた最中に
国際展示場の方で入場無料の展示イベントへ。

おもちゃショーって入場無料だったのか、と驚きながらも此れだけの規模や出展企業があって
入場料を無料で開催出来る事にも更に驚く。
…歴史あるイベントだと思うけれど昔から入場無料で開催していたんだっけ?

そう思いながら一通りのブースを見て回ってから国際展示場を後に。
午後から夕暮れに差し掛かる頃、お台場の海風も心地よかったですね。

10日、BOSCH CAFEと自動運転と。@渋谷



今宵の月も綺麗な三日月。
仕事はお休みの日、でも6月にも関わらず日中の暑さでバテそうになっていた一日。

すっかり夏になったなと思いつつも、此れから更に暑くなる頃合いですね。

……何処かの青い鎧を纏って旅をしている御方も暑い日も寒い日も朝晩問わずとも
プレイヤーと言う方に野外に振り回されて大変だったろうな、と。
薬草で体力回復よりも先ずは水分補給が優先だったりしてね。

●BOSCH CAFEにて。



夕方頃は渋谷にあるBOSCH CAFEへ。
アイスコーヒーで涼みに、もあるけれどこの日は店内で開催された催しも兼ねて。

ここ数年で日産自動車を含めて様々な自動車メーカーが力を入れている自動運転技術。
ドイツに本社を置くBOSCHも自動車メーカーではないけれど自動車に携わる企業として
自動運転にも取り組んでいるらしく、この日は自動運転のプロモーションが開催。

日産自動車が昨年の東京モーターショーで発表した『IDSコンセプト』。
あの車に似た感じの自動運転の車と技術もBOSCHの方で取り組んでいる他に、メインの
ドライバーの他にもドライバーの家族の方にも運転する方を認識した上で街中の運転の
アシストを行う機能があったりと、BOSCHが考えている自動運転技術を知りました。

もっと色んなメーカーの自動運転に対する考え方も聞いてみたいなと思いつつ。
…自家用で持つ車の理想は実用性のあるハッチバックか、格好いい2枚ドアのクーペか。
やっぱり日本で家族で所有する車になると前者になるのかしら?

風が吹いた日。



6月8日にリリースされたSing Like TalkingのシングルCD『風が吹いた日』。
水曜日の仕事帰りに山野楽器で予約したものを受け取ってきて、そして家に帰ってきて
CDプレイヤーで聴取。

楽曲自体は既に佐藤竹善さんのPARS ORPHEUSやFriday Musical Voiceで何度か聴いてきた
CD収録曲だったけれど、今回はホーンセクションと言うだけあってサックスなどの管楽器を
フィーチャーした内容になっている事が伺えました。
CDで何回か聴く度に……此処で管楽器の音を使っているんだと新たな発見をしたり、
サックスやトロンボーンの音色も深みがあって良いなと感じさせる所もあったりと
曲作りを心から楽しんでいる雰囲気も何処かで感じますね。
(売り上げの方は…其処は触れない。)

初回限定版と言う事もありシングルCDの他にも昨年に世田谷の人見記念講堂にて開催された
ストリングスをフィーチャーしたライブの音源も付属。
此方も…行くことが出来なかったのもあったし嬉しい特典でした。
演奏した楽曲のほんの一部が収録されているけれど、月への階段とか回想の詩とか
バラエティ豊かで、しかもストリングスだけのパートにも力を入れていた事を伺いました。

●水曜日のラジオとニコ生。


(CDを受け取った山野楽器本店にて。店内には黄金のサブちゃんが。活動55周年も凄い。)

水曜日にCDを受け取った後は帰路へ…といかずに都内某所に来店してからWi-Fiに接続して
21:00からのPARS ORPHEUS聴取に22:00からのニコ生を視聴。

風が吹いた日のリリース日に行われた放送だけあってニコ生の視聴者も多く見られたり
3人のトークもまた弾けながらわいわいしながら風が吹いた日に込めたトークをしていました。

司会を交えたトークに生演奏にPV公開、とあっという間の一時間半のニコ生。
でもぎっしり詰め込まれた楽しい一時間半でした。

8月6日には日比谷野外音楽堂でライブも開催。
行こうかどうか迷っている所はあるけれど此方も観に行きたいですね。

6月7日の一日の終わりに。

6月7日の一日の終わりに。
かつてSOFT BALLETのメンバーとして上領亘さんや古代祐三さんと親交のあった『森岡賢』さん。
その突然の訃報を知ってショックを隠せずにいた。

当時のSOFT BALLETで見せた独特のステージパフォーマンスは今もなおインパクトに溢れてて
(賛否両論分かれていた事は否めないけど。)名曲も沢山あったし、SOFT BALLETの解散後も
別のユニットを結成して先月も撮影に臨んでいた事もあったし元気に過ごしているものと
思っていた所に訃報……本当に辛かった。
もしかしたら先月の撮影の時も自身の病をおして臨んでいたのかと思うと…。

49歳の若さ、御冥福を御祈りします。

追記、

この訃報に関しては突然過ぎて自分でも信じる事が出来なかったけれども。
だけど今年になってからデヴィッド・ボウイさん、モーリス・ホワイトさん、村田和人さん、
本当に色んな人達の訃報を聞くたびに…生きている時間も限りがあるし昨日まで一緒に
笑いあったりした人達が翌日には…と言う事だって決して有り得ない話じゃないんだと
思えてくる。

限りある人生の中で逢える人達や身近な人達にはきちんと逢っておかないと駄目だな、と。

メンバーの誕生日なコースター。+α



6月6日の一日の終わりにグルーヴコースター3をプレイ。

今の時期に行われているオンライン対戦イベントこと超シューティング祭。
此方も先週から参加を始めたけれど、今回は最後まで完走を果たしたいなと思いました。
(前回の東方シリーズを題材にしたオンライン対戦イベントはいざこざもあって結局は
一度も参加せず終い。グルコスのイベントで初めての不参加イベントに。)

因みに6月6日はZUNTATAのメンバーの一人、土屋昇平さんの誕生日と言う事もあって
マッチングでの選曲も『Good bye My Earth(ダライアスバーストシリーズ)』をチョイス。
その時にマッチングしたプレイヤーもこの曲を選ぶ人も多く見受けられました。

Twitterでも呼び掛けるツイートもありつつ、やっぱりダラバーのこの曲は高揚感に溢れてて
プレイしがいがある楽曲ですね。

土屋昇平さんの楽曲は他にも様々な楽曲があるし、グルコスにも幾つか収録されてるけれど
こう言う形でプレイヤーの皆でお祝いすると言うのも良いですね。

土屋昇平さん、お誕生日おめでとうございます。

※余談



怒首領蜂大復活のラスボス戦の楽曲。
先日までHARD難易度を評価S++の達成者が一定数に到達したらEXTRAを解放すると言う
キャンペーンを行っていたんだけれども。

自分には無理でした(´;ω;`)
精々やっとこさ初クリアが手一杯で。

…でも全国で達成者が続々と現れていると言うのが凄いですね。
(それもあって本当にEXTRA解放が決定したけれども。)

6月6日のお別れ会。@赤坂グラフィティ




6月6日は月曜日。
仕事帰りに赤坂グラフィティへ。

この日行われたのは、赤坂見附にて20年前に赤坂グラフィティと言うお店をオープンして
今まで店長として長年お店を支えてきて、先月亡くなられた『荒』さんのお別れ会が開催。

会場に訪れてみると荒さんにお世話になった人達の姿が。
赤坂グラフィティにてステージに立った事のある演者の人達、赤坂グラフィティに来店して
演者さんと共にステージを盛り上げた御客さん達、荒さんと共に働いてきたスタッフ、
この場所に訪れた一人ひとりが荒さんにお世話になったり、時には荒さんに怒られたり、
だけど荒さんには感謝の思いがある事を感じました。

ステージで歌う一人ひとりの歌や荒さんへの感謝の気持ちを綴ったトークに聞き入り、
21:30頃にお別れ会は終演。お店を後にする前にステージ上の荒さんに黙祷。

今まで本当にお疲れ様でした。ゆっくり御休みを。

700回目のライブはララガーデン春日部で。



青空で迎えた6月最初の土曜日。
太陽の日差しも暖かいと感じるよりも暑いと感じるようになりつつある頃でした。
何処と無く空を見上げると不思議な雲の流れだったもので1枚撮影。

…撮影した時にブレたように撮れた訳ではなく本当にこんな空でした(汗)。

●ララガーデン春日部にて。

そんな土曜日の午後。
道中でおにぎりセットを食べたりもしながら訪れた場所はララガーデン春日部。
ここを訪れるのも何ヵ月ぶりなんだろうか?確か前回訪れたのは寒い時期じゃなかったかな?
そんな事を思いつつ、寒い時期に食べたたい焼き屋さんの出来立てのたい焼きに和んだ事は
確りと覚えていたりして。この日は冷たいたい焼きも扱っていました。
夏の時期は温かい方のたい焼きだけでなく冷たい方も扱うようになるのかと思いながらも
一つだけ注文、此れは此れで有りかな?

ララガーデン春日部を訪れる度に1階のたい焼き屋さんに訪れている自分がいたとさ(汗)。

●上村叶恵さん。




【セットリスト】

September
そんなに私を期待させないで
コマンタレブー
祈り
パラノイア
ラリルレロケット

此処を訪れた切っ掛けは『上村叶恵』さんのフリーライブ。
この日は他のアーティストとの共演と言う形ではなく叶恵さんのみの出演、ステージの方も
3回に分けて行われました。

かく言う此方は最後のステージからの来場だったけれども(汗)。
それはさておき、日差しが建物に隠れて涼しい風が吹くなかで歌をお届け。

『September』や『そんなに私を期待させないで』など久し振りに生で聴いた歌もありつつ
奏ふぁみりーや春日部の人達も耳を傾けて聞き入った叶恵さんのステージ、手拍子を交えて
皆で盛り上げた歌もしっとりと聴かせた歌も良かったです。

個人的にCDでリリースした新しめの『パラノイア』よりも、まだ音源化されていない
『祈り』が良かったと感じました。



ライブ終了後は物販にて叶恵さんに挨拶。
この日が箱でのライブやフリーライブ、はたまた道うたを合わせたライブ数の総計が
700回目を迎えたらしく、ステージ中のMCでも触れていたりライブ後にもおめでとうの
お祝いの言葉をもらったり、春日部と言う場所での再会もあったりと色んな御縁に恵まれた
フリーライブでした。

此処まで続ける事が出来るのも叶恵さんの頑張りもあるけれど、応援してくれている
一人ひとりにもあるのかな?と改めて思いました。

ララガーデン春日部でのフリーライブお疲れ様でした。
そして700回目のライブ、おめでとうございます。

初来店のcafe 1886 at BOSCH@渋谷



仕事休みの金曜日。
一日を通して天候にも恵まれて夕暮れの空も赤く染まっていた日に。

今はまだ涼しく心地よい時期、暦の上では春から夏に変わった事もあり少しずつ暑いと
感じるようになってくるかも知れないですね。

●Cafe 1886。



夕涼み…ではないですが金曜日の夜は渋谷駅から徒歩5分?ほどの場所にあるBOSCH JAPANの
オフィスビル、その1階スペースにて開いているカフェに足を運びました。

BOSCHと言う企業、ドイツの企業と言う事もあるけれど数年前にドイツに纏わるお祭りが
神奈川県は横浜市にて行われた際にドイツからBOSCHの代表取締役の方が会場に訪れて
企業理念や安全、安心、信頼の事に触れた話を聞いて以来、自身の仕事に携わる時にも
其れを常に意識するようになる程に根強く残っていました。

初来店の『cafe 1886 at BOSCH』、渋谷と言う立地にありながらも店内は落ち着いた雰囲気で
落ち着いてゆったりと過ごせる場所でした。
(渋谷駅周辺にもスタバとかエクセルシオールとかあるけれど、大抵の場合は賑わいが
第一印象なものでして。)

一人で何かに集中したい時や色々と考え事をしたい時とか、此処は丁度いいかも。



この日オーダーしたドリンクは『BLAU(ブラウ)』。
よくかき混ぜてみると青い色になる飲み物。ブルーキュラソーとグレープフルーツと
ソーダを割った飲み物でした。

英語圏だとblue(ブルー)、ヨーロッパの方ではbleu(ブルー)と認識していた所に
ドイツ語だとblau(ブラウ)と呼ぶと言う事を知る。
ドイツ語を学ぶ機会は無かった故にまた一つ勉強になりました。

ご馳走さまでした。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。