So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年最後の来店とトークイベントと。@山野楽器 銀座本店

12月30日。
何時もなら例年のごとくまだ働いているイメージが強いけれど、いざ年末年始の休みを
迎えるとなると働いてばかりじゃなくて休める時には休むと言うことも大切なんだなと
気付かされますね。

休む時に休む事。それもまた来年からの仕事始めへの英気になる事を。

●山野楽器 銀座本店にて。




話は変わり、30日の夕暮れに訪れたのは山野楽器 銀座本店。
思えばこの山野楽器 銀座本店さんもCDの予約や購入などでお世話になったお店でした。

季節や時期によって店頭の看板も様変わりしたり、ピックアップしているアーティスト
一目でわかる試みなども知る事が出来たり、今後も訪れたいお店ですね。

●佐藤竹善さんのトークイベント。



この日訪れた切っ掛けは16:00より7階イベントフロアにて行われた、佐藤竹善さんを
迎えてのトークイベント。

このイベント自体は先月リリースされた佐藤竹善さんのソロアルバム『CORNERSTONES6』や
『ベスト盤のCORNERSTONES』を購入した人を対象とした応募ハガキによる抽選のもとに
当選した方のみが当日観覧出来るイベントでした。

16:00から開始して、女性のアナウンサーの司会のもとにトークイベントは進行。
今年リリースされた『CORNERSTONES』を関した2枚のCDの事、そのCDの発売の翌日に
渋谷にあるBunkamuraオーチャードホールで行われた交響楽団を交えてのコンサートの事、
CDの制作や収録する曲や交響楽団との共演などに纏わるエピソード、あとはソロだけでなく
Sing Like Talkingとして8月に日比谷野外音楽堂にて行われた単独公演の事、2017年の
活動についての事など沢山の話を聴く事が出来ました。

同時にSing Like Talkingとは、佐藤竹善とは、と言う固定概念で今まで音楽を手掛けた事は
一度も無かったこと、常に新たな試みに意欲的な事なども語られてました。
(…竹善さんも度々ネタにしていた、2001年のメタボリズムなども。)

トークコーナーを終えた後にはミニライブも開催。
流石に場所が場所だった為に交響楽団を呼んでとり行う事は出来なかったものの、
交響楽団とのレコーディングに臨んだCORNERSTONES6のCDの中から4曲お届け。

収録した楽曲に纏わるエピソードも印象深く残りつつ、生で聴いた『Africa/TOTO』
『Will you still love me/シカゴ』『The A Team/エド・シーラン』『明日へ』の4曲に
感慨深くなりました。



イベント終了後に行われた握手会にも参加。
今回の感想も述べて下さいと司会を務めたアナウンサーも言われていたけれど…。

流石に其れを伝えようとすると緊張と口下手な性分故に長くなりそうなので挨拶の方は
手短に済ませた自分がいました。

それでも、佐藤竹善さんと直接話をする機会はないから貴重な機会でした。
(同じSing Like Talkingの藤田千章さんはEmiko Bleuさんのライブ等で話をするけれど。)

トークイベントお疲れ様でした。
2017年の活動も、ソロにSing Like Talkingに頑張って下さい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。