So-net無料ブログ作成
検索選択

最終回を観終えて…。


財布のポケットに入っている戦国無双絵柄のバナパスポート。)


(渋谷駅にて。)

真田丸最終回。
始まる前は最終回の放送時間は一時間で足りるのか?と思いながら観ていましたが、
見終わってみたらあっという間に一時間と言う枠で纏めあげたのが上手いと思いました。

三谷幸喜さんと言えば2004年の新撰組!でも担当されていた方だったし、今回の真田丸も
一年通して楽しめました。

堺雅人さんが演じた主人公の信繁(真田幸村)をはじめ、龍馬伝にも出演した大泉洋さんが
演じた信之(真田信幸)も劇中の活躍やシーンも相俟って好きな役柄だったし、
信繁の周りに集う一人ひとりも個性豊かだったけれど皆其々の魅力がありました。

あとは…真田幸村と対峙する徳川家康も、ただ単に悪役として描かれがちな登場人物を
人間味もあって自身の仲間や家族を思ったりなど、真田幸村のライバル的な立ち位置よりも
真田丸と言う作品の中のもう一人の主人公と思えたのが良かった。
(寧ろスピンオフで若き日の徳川家康を描いて欲しいと思った程。)

一人ひとりの役柄もストーリー展開も魅力的だった真田丸。
製作陣もキャスト陣も1年間本当にお疲れ様でした。

…ともあれ、こうして大河ドラマの終わりを迎えると思うと寂しくなるし一年の経過も
あっという間なんだと思ってしまいますね。
来年は柴咲コウさん演じる井伊直虎。(観るかどうかは脚本次第かな?)

追記、
そして……やっぱりレアルマドリード。強かったですね。
ロナウド選手のハットトリックも凄かったし、流石はヨーロッパの強豪チームでした。
それでも4-2とは言え鹿島アントラーズは健闘したと思うし、此れからの日本のサッカーにも
今回の経験を糧にして欲しいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。