So-net無料ブログ作成
検索選択

お昼時の山野楽器 銀座本店と、撮影禁止のフリーライブと。



土曜日の午後。
東京メトロは銀座駅前の大きな交差点のサッポロ銀座ビルはリニューアルオープンに向けて
今でも工事をしている最中。

銀座ビル1階にあった日産ギャラリーもリニューアル後にオープン予定との事。
…交差点から見えるウサイン・ボルト選手のポスターが何とも(汗)。

●山野楽器 銀座本店へ。



訪れた場所は山野楽器 銀座本店。

『浜田省吾』さんの新譜や大きなポスターが目白押しな印象を受けた、この日の銀座本店。
店内にはCDの発売を記念して浜田省吾さんのパネル展示も展開されていたり(10日まで)、
山野楽器さんの販売戦略は何時も感心する所がありますね。

Sing Like TalkingのAnthology(初回限定版)を受け取りにきて以来、久し振りに訪れた
山野楽器の銀座本店でしたが品揃えも有名どころからインディーズレーベルまで幅広く
扱っている所もあったり、何らかの初回限定版が残っている時もあったりと、何だかんだで
お世話になっているお店かな?と。

●石川綾子さんのライブ。



この日の訪れた目的はヴァイオリン奏者『石川綾子』さんのインストアライブ。

お店の正面出入り口付近にステージを設けて行われ、13:00~と15:00~の2回の開催。
此方は13:00~の方のみに参加しましたが、演奏が始まるや否や多くの人達が集いました。
(土曜日の午後は歩行者天国も実施している関係もあって尚更だったかも。)

生演奏を観るのも何ヵ月ぶりになったけれど、パイレーツ・オブ・カリビアンより
『彼らこそ海賊』、アナと雪の女王より『Let it go』、ネバー・エンディング・ストーリーの
カノン調のアレンジ、など5曲演奏したステージ。
多くの人達の前で演奏する綾子さん自身も何処か楽しんでいる様にも感じました。
(ステージ終了後にはCDやDVDを購入した人達を対象としたサイン会も開催。)

●撮影禁止…だったんだけどね。

開演に先立って説明される事もあり、石川綾子さんの演奏中は撮影禁止。

とは言え…行き交う人達や立ち止まって観に来た人達、一眼レフや携帯やスマホのカメラ
撮影する姿が多く見られていた所が残念。
撮ろうとする人達に向けて山野楽器のスタッフさんや石川綾子さんの若いスタッフさんが
一生懸命止める姿を伺ったり、スタッフでもないけれど此方も一緒になって止めたりと
その度に睨まれたり恨まれたりしたけれども…全ての撮影を止めるのは難しくorz
(何も知らずに撮る人達が殆どだけど、稀にステージの前で説明を聞いた人達の中にも
撮影しようとする人達がいたりも。)

その度に思う事と言えば…ちゃんとステージの見える所に『撮影禁止』の貼り紙とか
看板とかを用意して欲しいなと思う。
…他のフリーライブでも撮影禁止の人達はほとんどの場所で用意しているものだし、
ステージの景観が崩れるなんて言わずに此れからも撮影禁止で続けていきたいならば
今後行っていくフリーライブでは、きちんと撮影禁止の看板を用意しないと駄目。

……と、此処までキツい口調になってしまったけれど敢えて書きました。
真っ先にステージの最前列の確保とか一度購入したCDをまた購入してサイン会に参加とか
そう言ったものに抵抗を感じて実質『あやファミ』を辞めた人間だけど、そんな人間でも
此れからも頑張って欲しいなと思うし、この日のスタッフさん一人ひとりの頑張りには
労いを示したいと思った故に。

この記事が関係者が見るかどうかはさておき。
フリーライブお疲れ様でした。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

sora

事務所の方も通りがかりの人の撮影が多いと思われたみたいで
第2部の時にはスピーカーとのところに撮影禁止の張り紙をされてましたね。

ステージがはじまってしまっていると、声かけもなかなか難しいですね…。。
by sora (2015-05-17 12:14) 

273

soraさん。
遅らせながらコメントありがとうございます。

此方もあの大勢のなかでの声かけは大変だと思いました。
若いスタッフの方が一生懸命声を掛けても撮影をする光景が後を立たず。
それ故に第1部が終わった時点で此方もスタッフの方に撮影禁止の貼り紙の用意を話しました。

第2部の方は不参加でしたが、貼り紙を用意していたと聞いて一安心でした。

確かに声かけは難しいです。
by 273 (2015-05-31 00:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。