So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

8月の終わり、サッカー日本代表戦のパブリックビューイング。



8月も最後の日を迎えて。
世間では宿題が終わったか、とか野菜を食べる日だとか、夏休みの最終日の慌ただしさを
ひしひしと思い出したりとか、この年になっても色々と思い出す事もありますね。

それにしても前日まで暑かったのに急に暑さから涼しさへと変わっていった事に一種の
驚きを隠せずにいました。

幾ら夏の終わりで9月から秋と言われても暑さ寒さも彼岸までと言われているように
8月が終わっても暑さはまだ続くと言う認識なもので。

●パブリックビューイング

仕事は定時に終わり、この日はサッカー日本代表のW杯出場をかけてオーストラリア代表との
試合が開催される話を聞いて何処かで見届けたいと思いました。

探してみた所、偶然見掛けた『ららぽーと豊洲』にてパブリックビューイングの開催の
一報を機に仕事帰りに豊洲へ。

室内ではなく屋外で行われたパブリックビューイングは家族連れから仕事帰りの人達に
男女のカップルに小中学生と色んな人達が訪れていました。




此方が現地で観覧したのは試合後半に差し掛かった頃でしたが、試合の方は前半終わり頃に
浅野選手がゴールを決めて1-0で日本がリードしていたとは言えオーストラリアからの
反撃を警戒しないといけない状況下。
(選手交代したての時にオーストラリア側のペースになっていた時間帯もあって。)

そんな中で井手口選手が綺麗にシュートを決めたのは凄かったですね。
しかもあのゴールが代表入りしてからの初めてのゴールだと知りました。
此れからの活躍が楽しみです。

その後も責めつ責められつの攻防が続いたものの、何とか失点0で最後まで戦い抜き。



日本代表の勝利とロシアワールドカップ出場決定の瞬間を見届けました。
会場からも喜びの声が続々と、そして号外も配布される程に賑わった会場。

本当にサッカー日本代表のロシアワールドカップ出場決定、おめでとうございます。


nice!(1)  コメント(0) 

K-MIXアーティストたちの音遊戯@浜松 ~その2~


(浜松、K-MIXに到着した頃は晴れ間のある青い空でしたが徐々に外は暗くなっていき
イベントも終盤の頃には夜になりました。
浜松から帰路に赴く頃には22:00を廻っていたと言う(汗)。)

(続き)

●Emiko Bleuさん。

【セットリスト】

愛しき人
虹(岡野宏典さん(ギター)とのセッション)
踊るチェリー(LOOP CHILD、岡野宏典さん(ギター)とのセッション)

ラジオ番組の『Nightly Affairs』のリスナーですが、生のEmiko Bleuさんの生ライブは
久し振りに観ました。
元ズータンズの『鈴木謙之』さんもK-MIXに縁のある事を初めて知りつつピアノサポートで
参加してお届けした楽曲の数々。

しっとりめの愛しき人、CD以外で生のライブを聴くのは多分この日が初めてになったと思う
岡野宏典さんとの『虹』、そして岡野宏典さんの他にLOOP CHILDのメンバーも加わって
賑やかにお届けした『踊るチェリー』も手拍子と合わさって盛り上がりを見せました。

後は岡野宏典さん手作りのロールケーキの話も。



そして今年もバースデーワンマンの開催が決まりました。
今回は三軒茶屋のグレープフルーツムーンでは無いですね。

●コントラリーパレード

【セットリスト】

涙そうそう/夏川りみ(Emiko Bleuさんとのセッション)
フェイバリット
空想クロール
そして僕らは大人になる(岡野宏典さん(ギター)とのセッション)

コントラリーパレード。
『じんプラットホーム』さんを切っ掛けに名前を知り、Emiko Bleuさんのラジオ番組や
岡野宏典さんのラジオ番組を切っ掛けに生で歌を聴いてみたいと思った方でした。

MCで語っている時と歌っている時のギャップも印象的な方でしたが、Emiko Bleuさんと
涙そうそうをお届けしたり、岡野宏典さんとの『そして僕らは大人になる』に思わず
溢れ落ちそうになる程に感慨深かったです。

●岡田ピローさん。

名前を知るのも歌を聴くのも初めましての方でした。

『黄色くなったマヨネーズ』『変なスニーカー』など曲名こそ独特のタイトルですが
何処か切なさを感じる世界観が印象的でした。
(何となく気持ちが解ると言うか。)

そして岡野宏典さんともセッション。
来場者から言葉を募って即興曲を作りましたが………内容が混沌としていて会場からも
笑いが起こっていた程でした。

●gigue

『つだみさこ』さんのソロは以前観た事がありました。
ヴァイオリン奏者の『あさいまり』さんと結成した『gigue(じーぐ)』と言うユニットで
ステージを観るのは初めてでした。

NHKのおかあさんといっしょにも起用された事のある歌を岡田ピローさんとお届けしたり、
K-MIXにて番組を持っていて、その番組のコーナーで10秒程のインスト曲(ジングル)を
幾つも手掛けてきましたが其の中の1つに歌詞をつけて4分もの歌にして初めて披露したり、
ピアノとヴァイオリンからなる歌とインストのステージを4曲お届けしました。

●一戸(荒川ケンタウロス)さん。

名前を知るのも歌を聴くのも初めましてでした。(この日だけで何回目?)

イケメン男性と言う事もあって女性ファンの応援も多かった事も印象的になりつつ、
『手紙』『よどみに浮かぶ うたかたは』、ラジオで一緒に仕事をした事があると
語られていた拝郷メイコさんとのセッション『さよならカラー』など歌詞の一つ一つが
印象的でした。

●拝郷メイコさん。

岡野宏典さんのラジオ番組で初めて名前を知りました。

全4曲披露した中でアップテンポな曲調で盛り上がりをみせていた楽曲もあったり、
岡野宏典さんとセッションしたバラードナンバーも心に刻まれるものを感じさせたり、
最後にお届けした『リビング』と言う楽曲が個人的に素晴らしい楽曲と感じました。

…ステージに岡野宏典さんを呼ぼうと声をかけたら岡田ピローさんが登場すると言う
台本通り?のハプニングが会場を笑いに包んだ場面もありましたが。

●岡野宏典さん。

【セットリスト】


南風
コトノハ

今回のイベントの発起人としてこの日を迎えるまでに様々な苦労や努力をしてきた事を
改めて実感しつつ、イベント当日も自分の出番だけでなくステージ転換中の司会進行を
務めたり他の出演者のステージの時にギターやヴァイオリンを持ってステージに上がって
セッションをしたりと1日通して大忙しでした。

それでも最後は岡野宏典さん自身もステージに上がりギター弾き語りで3曲お届け。
この日を迎えた事や今回のイベントを開催した事への思い、無事に終える事が出来た事や
次回も開催したいかどうか、そんな一つ一つの言葉や歌が印象深かったです。

●最後にみんなでセッション。そして…

最後はこの日の出演者がステージに集って1曲お届け。
(時間やスケジュールの都合上、最後までいられなかった出演者もいましたが。)

この日のメンバーでお届けした『星のかけらを探しに行こう/福耳』、出演者の一人ひとりが
一丸となったかのように賑やかに、そして会場も一丸となり盛り上がりました。



イベントを終えた後は外で屋台で唐揚げ串を一本購入した後に店主さんと話が弾んだり
限られた物販時間の中でEmiko Bleuさん、藤田千章さん、岡野宏典さん、井上侑さんに
挨拶をしていきました。
(物販関係は…お目当てのものが購入出来ず断念。)

改めてこの地を訪れて、浜松の人達と話をしてみてK-MIXと言うラジオ局もまた浜松との
地域密着や番組を担当するアーティスト達を大切にしているラジオ局と感じました。

初めての開催だった故に良かった点も改善点もあったと思いましたが、最後まで見届けて
楽しむ事が出来たイベントでした。

次の開催の際には『川島ケイジ』さんや『じんプラットホーム』など嘗て番組を担当していた
アーティスト達にもスポットを当てて出演が実現出来るようにと思います。
(2日に分けての開催や午前中からの開催の意見もありました。)

K-MIXアーティストたちの音遊戯の開催、本当にお疲れ様でした。



帰りは新幹線(ひかり・自由席)に乗って品川まで乗って帰りました。
翌日も朝から仕事でして……何とか日付が変わる前に家には辿り着けました。

それにしても品川~浜松間の新幹線の自由席。7,770円っていい語呂合わせ。
nice!(0)  コメント(0) 

K-MIXアーティストたちの音遊戯@浜松 ~その1~



K-MIX。
静岡県は浜松市にあるJFN系列のFM局、静岡県以外からだと『どこでもFM』や『radiko』など
ラジオアプリをダウンロードして、radikoの場合はエリアフリー機能を利用する為には
radikoプレミアムと言うものに登録して漸く聴けるように。

かく言う此方はどこでもFMから聴取している身ですが、K-MIXと言うラジオ局を知る
切っ掛けとなったのは嘗て日曜日の22:30から放送されていた『川島ケイジ』さんの番組を
聴いていた事が切っ掛けでした。
更には『じんプラットホーム』さんを切っ掛けにメゾンドアミを知り、『Emiko Bleu』さんの
Nightly Affairsや『岡野宏典』さんの全力投球!はほぼ毎週聴くラジオ番組に。

こうして振り返るとK-MIXのラジオ番組との縁は多いですね。

●K-MIXアーティストたちの音遊戯

話は戻り、JR浜松駅から歩いていき到着したK-MIX本社。
訪れたきっかけはK-MIX本社にあるイベントホールの『SPACE K』にて開催の運びとなった
K-MIXにてレギュラー番組を持つアーティスト達が一同に集うイベント。

岡野宏典さんが発起人となり『K-MIXアーティストたちの音遊戯』とタイトルが付けられた
この日のイベントは、静岡県や浜松市に住む人達だけでなく東京や大阪など様々な場所からも
駆け付けた人達が集い、開場前から多くの人達が列を連ねていました。



予定では開場時間は13:00、開演時間は13:30。
とはなってましたが何らかの事情が重なっていたらしく開場も少し遅れての開場に。
チケットの整理番号の順番の通りに列に並び、番号を呼ばれた人達から受付でチケットを
見せてから中へと入っていく方式でホールへと入りました。

全14組もの出演者が集う事もあって長丁場となるこのイベント。
ホール内には飲食スペースが無い代わりに外にはお好み焼きやフライドポテト、唐揚げ串、
お好み焼き、かき氷などを販売する屋台が設けられていていました。
(此方も唐揚げ串を一本食べました。…イベント終了後の物販時間に。)

●井上侑さん。

【セットリスト】

釜揚げしらす
鎌倉の花火
少しばかり旅に出る(岡野宏典さん(ギター)とのセッション)

全14組のトップバッターとしてステージに臨んだ『井上侑』さん。
K-MIXでもラジオ番組を長く担当されている事もある故に井上侑さんの名前は浜松の人達にも
聞き馴染みのある方かもと思いながら聞き入りました。

釜揚げしらすや鎌倉の花火も良かったけれど、以前岡野宏典さんの番組内で岡野宏典さんと
セッションをした『すこしばかり旅に出る』を生で観れたのも良かったです。

自身のステージが終わった後も転換中の岡野宏典さんとのトークや『京太朗と晴彦』の
ステージで山崎まさよしさんのOne more time One more chanceをセッションしたのも
印象的でした。

(※2組目の京太朗と晴彦に関しては…限られているステージの持ち時間よりも長めに
行っていた事や他の出演者がセッションやMCも含めて3~4曲のお届けに留めていた中で
一組だけ5曲も披露していた事、などを考慮して当記事では省略とします。)

●畑中摩美さん。

【セットリスト】


うたた寝
あなたと私のいつものはなし(岡野宏典さん(ヴァイオリン)とのセッション)

『畑中摩美』さん。
K-MIXの22:00~22:30に放送されているラジオ番組にて名前は伺った事がありました。
浜松や静岡を中心に活動されている方と思いつつ、初めて生で歌を聴きました。

実家の農家で作っている野菜が豊作だったMCも印象に残りつつ、この日はしっとり目の
オリジナル曲を中心にお届けしたステージでした。
(ラジオで流れた様々なオリジナル曲を聴くとアップテンポの楽曲もあり。)

岡野宏典さんはヴァイオリンも弾けるんだと初めて演奏する姿に驚きつつ、セッションで
お届けした『あなたと私のいつものはなし』が良かったです。

●遥奈さん。

K-MIXでラジオ番組を持っている事を伺いつつ初めて生歌を聴きました。
畑中摩美さんとセッションした『青春の影/財津和夫』も印象的でしたが、ピアノ弾き語りや
オケを用いてお届けしたしっとりめのオリジナル曲もメッセージ性のある歌と感じました。
(セッションも含めてお届けした歌の中で『ホープ』が特に良かったと思います。)

●山口リサさん。

名前を知るのも歌を聴くのも今回が初めましてでした。

K-MIXや共演者の間では馴染みの深い方らしく、ステージ上でセッションした岡野宏典さんや
kainatsuさんとのトークからK-MIXや今回のイベントに対しての思いを知る事が出来ました。

オリジナル曲(新曲)の『軌跡』、良かったです。

●kainatsuさん。

以前『じんプラットホーム』さんの企画で歌を聴いた事がありました。

数年ぶりに生で歌を聴き、K-MIXにお世話になったMCや新曲としてこの日のステージで
お届けした『コントラスト』、岡野宏典さんとセッションした『ライフワーク』など
歌もMCも印象深かったです。

あとは転換中の岡野宏典さんとkainatsuさんのトークも。

●LOOP CHILD。

【セットリスト】

春風/D.W.ニコルズ(kainatsuさんとセッション)
美しき日々(新曲)
世界一のスマイル(岡野宏典さん(ヴァイオリン)とセッション)
つぎはぎの夢(新曲)

岡野宏典さんの番組やEmiko Bleuさんの番組を切っ掛けに名前を知った『LOOP CHILD』。
番組内で流れた歌の数々を聴いて、生で歌を聴いてみたいと思っていたバンドでした。

ステージが始まってからのD.W.ニコルズさんのカバーには驚きましたが、フルバンドで
お届けしたオリジナル曲の数々。『美しき日々』『つぎはぎの夢』は曲調も良かったけれど
歌詞に込めた思いに共感しました。

あとは転換中の岡野宏典さんとしばのまりこさんのトークも。


(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

初めての浜松の地で。



日曜日の朝早くから起きて、眠気眼の中で一人東海道本線を乗り継ぎながら目的地へ。
新幹線の停車駅でもあるし品川から乗っていけばあっと言う間に辿り着ける場所なのは
知っているけれど、どうしても行きだけはローカル線を乗り継いでいくのをやってみたいと
思っていました。

朝早くから乗車したにも関わらず到着したのはお昼になろうとしている11時前。
如何に新幹線が速いかと言うのが解りますね。

●浜松にて。




そんなこんなで初めて降り立った場所、浜松。

浜松と言う場所自体は名前だけは伺っていたけれど、新幹線の停車駅もなっているだけに
駅前の雰囲気も建物が豊富ですね。

そして徳川家康の他に(NHKの大河ドラマで放送されている)井伊直虎の効果もあって
駅前や駅構内では井伊直虎の名前を沢山見掛けました。
(更には大河ドラマのパネル展示も。)



そして浜松に纏わる何かを食べたいなと思っても鰻は高いと思うし浜松餃子も気になりつつ
この後に訪れる場所の事を考慮してそちらも脚下(汗)。
やっぱり諦めるかと思った所に偶然見つけた『おらが蕎麦』と言うお店で鰻丼セット。
あまり食べる機会のない鰻に舌鼓。
(※後から知りましたが実はおらが蕎麦と言うお店、静岡限定のお店と言う訳でもなく
『杵屋』と言うお店の系列で普通に東京とかにもあるお店でしたorz )

●そして目的の場所へ。




タイトーステーション浜松にてグルコスとクロスビーツを少しだけプレイした後。
初めての地をもう少し散策したい所もあったけれど、次に訪れる機会が訪れた際には
浜松の城とか海とかも訪れてみたいですね。



そしてJR浜松駅から歩いていくこと10~20分ほど。
JFN系列のFMラジオ局『K-MIX』の本社に到着。
此所で行われた催しに参加してきました。
(催しの内容に関しては別途記事に致します。)
nice!(0)  コメント(0) 

今年もまた1つ年齢を重ねる。2017年1月26日。



2017年1月26日。
今年もまた1つ歳を重ねました。

毎年この時期を迎える度に特別な実感が沸くわけでも無ければ、何かの合間で大慌てな
時期を迎えている訳ですが。

今年に至っては何時もの年に比べて更に慌ただしく過ごしていまして。
実はと言うと…今住んでいる場所を引っ越しする事になりまして、其を切っ掛けとして
当初予定に入れていたスケジュールも変更ないし中止する事を決めてまで家の中を整理したり
している訳ですが…家の中を整理する度に「そう言えば此れも集めてたな。」とか
「まとめて処分するか欲しい人がいたら譲るか迷う」なんてものも出てきたりして、
家のなかにある全てのものを引っ越しする先には持っていけないのが泣き所なんだけどね。
(ブログ執筆も大幅に遅れているのも其れが理由です。どんな記事を書くと言うのは
大体頭には浮かんできてはいるんですが。)

其れにしても家の中の整理をしてる合間に聴いた佐藤竹善さんのPars Orpheus。
queenの特集と言う事で選曲も思い入れのある楽曲が多くて染々と聴いていたけれども、
フレディー・マーキュリーさんの存命の頃にデヴィッド・ボウイさんやジョージ・マイケルさんと
コラボしていた事を改めて知りながら彼等と歌った楽曲に感慨深くなりました。
番組の最後で流れたSing Like TalkingのThe light is you、これも21年前くらいの楽曲だけども
元々はフレディー・マーキュリーさんを偲んで手掛けたと言うのは初めて知りました。
…生前に何を残すか、誰と会うか、限られた人生の中で残したものは大きいですね。

そんなこんなでSuchmosさんの新譜やドラマのカルテットの劇中曲も担当されている
Fox capture planさんの新譜、舞台の刀剣乱舞の新譜など様々な熱い新譜がリリースされた
翌日に自分は今年も誕生日を迎えました。

…肌寒い日々が続いて体調も崩しがちですが、今年も何とか駆け抜けていきたいですね。

一週間経過と仕事帰りの七草粥と。


(川崎のアゼリア地下街にて。)

新年が明けて7日目。
この間大晦日で紅白でカウントダウンで笑ってはいけない、とかで色々と盛り上がったのが
もう一週間前の事になるんだと思いながら土曜日も出勤に赴く。

平日の通勤ラッシュと比べると土曜日は同じ時間帯でも人も少ないんだけれども、
それでも電車もバスも平日より本数が少ない分乗り遅れとかには注意しないといけない、
1本逃すだけでも仕事場に到着する時間が遅れたりするから侮れない。

ともあれ何とか夕方頃には仕事を終えて日曜日はお休みに。
世間では三連休になるとは思うけど例年のように一日だけお休み…と思っていたら
祝日の月曜日も仕事場がお休みになる。

…しかし2日間の連休。どちらも雨天の予報ってorz

●七草粥。




仕事帰りに七草粥を食べました。

場所はSoup Stock Tokyo。名前は知っているお店だけどあまり訪れた事がなくて。
この店舗で1月7日限定で七草粥を扱っている事を知ったのも実は初めてでした。

改めて食べてみた七草粥。スープを扱うお店だけあって食べる感覚もお粥よりスープの
感じが根強いかなと思うけれど、此は此れで美味しかったです。



一年間の無病息災を願いを込める事としても食べられている七草粥。
寒くなったり暑くなったり今年も気象の変動はあれど健康で過ごしていきたいですね。

仕事始め+α


(1月の上弦の月は翌日との事。ただ丸っぽく撮れてるのがorz)

新年明けてから最初の仕事へ。
朝早く起きて通勤、夜遅くになる頃に仕事が終わり、暗くなる頃に帰路へと赴く。

一週間ぶりに仕事に赴いたとは言っても今の仕事が着々と染み付いてきた様に思ってきた。

これに関しては慣れてきたと自分でも思う所だし、早く今の仕事に慣れたいと何処かしらで
思って駆け抜けたからこそ、とも言えるかも。

とは言え仕事に慣れてきた反面、連日の仕事疲れにも馴れてしまうのには流石にいかんかな。
(此ればかりは慣れで片付けないように心がけたい。)


其れにしても夜の帰り道。
二十四節気の小寒を迎えたからなのかは兎も角として肌寒くなりましたね。
冬は寒いのが当たり前なんだけど吹く風も相俟って身に凍みる寒さ。
寒さの反面、夜空の月や星々が目映く映る。
此れもまた寒い季節の醍醐味。

●シアトリズムFF。




アーケード版のシアトリズム ファイナルファンタジー。
このタイトルにてお正月の三が日まで開催されていた『チョコボvsモーグリ』対決。

チョコボかモーグリかどちらが好きかと聞かれたら迷った末にチョコボの方を選んで
赤いチームに所属してプレイしてきましたが。

イベント期間が終わって結果を見てみたら…チョコボ圧倒的と言う結果。

チョコボ人気もあるとは思うけど…2017年が酉年だから選んだと言う人も多かった様に
思ったのは自分だけじゃないかも。
(もし酉年じゃなければ…拮抗くらいはしていたかな?それでもチョコボ有利?)

この試みは今回だけかな?と思いきや此れからも続いていくらしく、既に第2回が開始。
今度は召喚獣のシヴァとイフリート、どちらも馴染み深いし場面によってお世話になったorz

初めて訪れる青いボトルは日本第1号店で。@清澄白河



ひとつ前のエントリからたまプラーザを後にして。
このまま帰路に赴こうとしたけれど、以前から行ってみたかったお店があった事を
電車の中で思い出して急遽訪れてみる事に。

行こうと決めた時点ではまだ年始の休み期間かな?と不安になっていた所もありましたが。

●ブルーボトルコーヒー。



到着。
訪れた場所は日本に展開され始めた『ブルーボトルコーヒー』。

中目黒とか青山、品川、新宿と店舗も展開しているものの、初めて訪れるお店ならば
やっぱり日本第1号店がいいなと思って、『清澄白河』駅まで乗車して訪れました。

話を伺う所によるとブルーボトルコーヒーも日本で展開されてからは根強いファンが
多いらしく、店内の方も混んでいる雰囲気だとか。
コーヒー界のApple、そんな呼び名もあるらしいブルーボトルコーヒー。

店内に入ってみた時から平日の夕方頃でも多くの人達が訪れていた店内。
そして店内の雰囲気もまたスタバ等とは異なる雰囲気でした。



作りおきは無く、オーダーを聞いてから一つ一つコーヒーを作っていく方式。
様々なメニューがある中で今日はブレンドをオーダー。

コーヒー本来の味わいを確かめるべく砂糖もクリームも入れずにブラックで。
…強い酸味に関しては好き好みが分かれそうな所もあるけれど美味しかったです。

他のお客さんからはコーヒーに加えてワッフルもオーダーする姿も見受けられ。
…食べている光景を伺うと此方も気になってきたり。次に来るとき試してみたい。

そんなこんなで初来店のブルーボトルコーヒーでした。
初来店で人も沢山いて座って飲めるかどうか不安だったけれども、コーヒーも美味しくて
次に訪れる時はまた別のメニューもオーダーしてみたいですね。

ご馳走さまでした。

仕事始め前の休日と新年最初のごごさると。


(たまプラーザテラスにて。)

2017年の三が日もあっという間に過ぎていき。
場所によっては今日から仕事始めと言う人達も多いのかも知れないですね。

かく言う此方はと言うとお休みは今日まで、木曜日から仕事始め。

たった6日間…されどされど6日間。
いざ仕事に戻るとなると不安になったりもするけれど、それでも頑張っていきたい。

明日から仕事を頑張ろうと思いつつ、貴重なお休みの日を過ごす。

●afternoon salus



2016年もお世話になったFM Salusのラジオ番組『Afternoon Salus』。
2017年の最初の放送も今日からの放送でした。

ラジオから流れてくる藤田みささんの声。
改めてこの声を聴く事に安心感を覚えたり、平日の午後を迎えているんだなと感じたり、
翌日からの仕事始めも何とか頑張れるかなと。

新年最初の放送も羽林由鶴さんをはじめとした様々なゲストとのトークだったり、
干支に纏わる話も聞けたりして楽しめた放送でした。

リスナーの一人として本年も宜しくお願い致します。

三が日の最終日。



往路に続いて復路でも青山学院大学が全区間1位を獲得。
そして3年連続の総合優勝を達成。

…改めて青山学院大学の強さを実感しますね。
ともあれ総合優勝おめでとうございます。
(でも3年連続の達成を果たしたからこそ、逆に此れからが勝負なんだと思う所も。
…過去に3年連続の総合優勝を果たした幾つかの大学のその後を伺うと尚更(汗)。)

でも毎年箱根駅伝の動向を伺いながら思う所と言えば、早稲田大学や東洋大学と言った
上位に位置した大学だってそうだけど、観ている人達にとっては自分の大学はどの順位に
位置しているか、シード権争いは大丈夫か、区間を最後まで完走出来るのか、あの選手は
無事に襷を渡せたのか、トップとの差の後に繰り上げスタート、など色んなドラマが
毎年繰り広げられているからこそ、その一つ一つもまた駅伝の醍醐味なんだと思ったり。



(港区は赤坂にて。)

今日の夕暮れ時に赤坂まで訪れて勝海舟と坂本龍馬の2人の像を見てくる。
(1月3日が坂本龍馬の誕生日と言う事もありましたが。)

師弟の絆、明日に向かって。

この言葉を改めて刻んでくる。
きっと駅伝を走り抜いた人達一人ひとりにも師匠と呼べる人達がいたんだと思うし、
今まで知り合った人達にも師弟のように仲睦まじく、時には怒り、時には褒め称えて、
そんな間柄の人達も見てきた。

追記、


(お台場にて。)

ガンプラの世界一を決める選手権が行われていると言う事を伺っていましたが。
さる11月に日本の代表を決めるコンテストのようなものが来場者からの投票と言う形で
行われていて此方も1票入れてきました。

その時に個人的に気に入って投票したものが上記のガンプラでしたが、これが人気をえて
日本代表に選ばれた上に後日行われた世界大会のオープンコースでも優勝を果たしたと
此処で初めて知りました。

投票した一人としても嬉しく思いつつ、優勝おめでとうございます。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。